--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2010'03.23.Tue

ハムの病気

明るい話題ではないので興味のない方はスルーしてくださいね。

一昨日、飼っているハムスターの体の異変に気付いて、翌日の朝に、祝日でも営業している動物病院に連れて行きました。
私は最初、素人目で膣脱という症状に似ているなと思っていたのですが、獣医師の先生が診たところそうではなく、陰部のあたりに腫瘤が出来て、それが飛び出してきているのだそうです。
ハムスターの腫瘍はとても多いので、特に高齢になるにつれ避け難いものだという認識はありましたが、うちの子もとうとう……という感じでショックです。

先生には、ガスによる全身麻酔を施して、突出した腫瘤部分をレーザーメス等で切除するという手術を勧められましたが、麻酔中にハムが死んでしまうという事故をたまに聞くので判断に迷ってしまい、
今日、近所のいつも行っている動物病院にも連れて行って、セカンドオピニオンをいただいてきました。
(昨日は祝日でその病院は休診だったので、少し遠くの初めての病院に行きました)

その先生も、基本的な診断結果は昨日の先生と同じで、有茎状?の腫瘤だろうと。
手術をして切除するかしないかは、麻酔のリスクも考慮した上で、飼い主の判断次第、というようなお話でした。
麻酔中に死亡する危険性は、少ないとはいえ100%安全とは当然言えないので、難しい問題ですよね…みたいな。
迷っているのなら、もう少し様子を見て、腫瘍がどんどん大きくなるようなら切除することにしたらどうか、と言われ、そうすることにしました。

手術をして切除した方がいいのかどうか……
この子はもう2歳4ヶ月で、ジャンガリアンハムスターとしては既にかなり高齢なので、麻酔のリスクが高いと思うし、ためらってしまいます。
とはいえ腫瘤が体外に出ているとどうしても傷がついて、出血したり化膿したりという危険性があるし、ハムにとって患部がストレスになるようなら、出ている部分だけでも切除して取り除いてしまったほうがいいのかなぁ、とも思います。

今のところ特に気にする様子もないし、見た目はこれまでと変わりなく元気そうに見えるのですが。

なのでやっぱり、もう少し様子を見てよく考えようと思います。
出来れば3歳まで長生きしてほしいと思っていたけど……。
切ないです。
数日前のスウ



 
ハムスター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。